【ベイブレードバースト】B-153 GT改造セット レガリアジェネシス.Hy レビュー

シェアする

みなさんこんにちは。ニートのちあきです。

今回はGT改造セットに収録されているレガリアジェネシス.Hyのレビューです。

ついに登場した電動ベイですね。

スポンサードサーチ

パッケージ

裏面のみ。

ブレーダーのグウィン・ロニー。

付属品

ベイ本体のほかに、ドライバーの専用ツールが付属しています。

スポンサードサーチ

レイヤー:レガリアジェネシス

創世の盾ジェネシスモチーフ。
円形に近い形状でどんな攻撃も寄せ付けず、ロックが進んでもバーストしない無限ロック機構を持つディフェンスタイプのレイヤー。

プライムアポカリプスとは対照的に真っ白なボディのレガリアジェネシス。

アポカリプスが剣モチーフだったのに対してこちらは盾モチーフになっています。

形もよく似ています。

アポカリプスと比べると丸く作られていますね。

メタルの配置や横の形状もほぼ同じ。

裏側。

ギミック・ロック

アポカリプスと同じく無限ロックシステムを搭載しています。

構造もまったく同じなので詳しくはアポカリプスの記事へどうぞ。

アポカリプスとの違いは、

・無限ロック解除のためのストッパーがレイヤーの上下2箇所にある。

・無限ロックを回転させてもカチカチ音が鳴らない。

の2点でしょうか。

ストッパーはどちらか片方が押されていればいいので、

アポカリプスよりもバーストしやすくなっていると言えるでしょう。

しかしアポカリプスのような、無限ロックでレイヤーが回転した際の「カチカチ」とした抵抗がありません。

スルスルとスムーズに回転するので、

アポカリプスよりもスタミナや受け流し性能が優れてるかもしれません。

重さ

ドライバー:ハイブリッド

シュートパワーに応じて内蔵のモーターが起動し、回転方向に加速することで長く回り続けるディフェンスタイプの電動ドライバー。

ベイブレードバーストでは初となる電動ドライバーです。

見た目はかなりでっぷりしていて、メタルも配置されています。

クリアで成型されているので中の基盤がよく見えます。

本体上部にはLRを切り替えるためのスイッチがあり、

裏には電源スイッチがついています。

軸先は丸みをおびた形状。

こういう軸先のドライバーってなにげにレアですよね。

押すと縮むようになっています。

また、商品説明には書かれていませんが、

無限ドライバーと同じディスク一体型ドライバーです。

そのためナイトメアロンギヌスに装着することは出来ません。

ギミック

加速度センサーが内臓されていて、

シュートパワーに応じてモーターが作動して回転力が上がります。

リブートドライバーのように最加速するということでしょうか。

気になるその動きですが・・・詳しくは後述します。

電源スイッチを入れると軸先が回転して、本体上部に内臓されたLEDが点滅します。

また、LRスイッチを切り替えることで軸先の回転方向を変えることが可能です。

基本的にはベイの回転方向にあわせるようですが、

逆方向にするのもレギュレーション的にはセーフのようです。

重さ

スポンサードサーチ

レガリアジェネシス.Hy

ほぼ白一色で統一されています。

ここもアポカリプスとは対照的。

過去最高にずんぐりしたベイですね・・・

爆転のブレードベースよりもスゴイ。

重さ

ハイブリッドドライバーが見た目ほど重くないせいか、

重量はそれほどでもないかな?といった感じ。

それでも十分な重さがあります。

回した感想

まずは単体回し、ハイブリッドドライバーの動きについてです。

一言で言ってしまうとアニメです。

テレビで見る、まるで生き物のような動きを見ることが出来ます。

説明にあったとおりシュートパワーによってモーターの発動タイミングが変わるようで、

強めに撃つと早い段階でモーターが作動し、延々外周をぐるぐると周る動きを見せます。

その後は落ち着いて中央で静かに回ります。

逆に弱めに撃つと、中央で回ったあとしばらくしてモーターが作動し最加速します。

ちょうどリブートドライバーのような動きです。

状況によっては2回モーターが作動することもあり、スタミナに非常に大きく貢献します。

が、決して無限に回り続けるとかではありません。止まるときはちゃんと止まります。ご安心を。

それとスイッチを逆回転側(ジェネシスでいうとL側)にすると、爆転のドランザーGTのようにバトル中に逆回転する動きをさせることが可能です。

ただしスタミナはお察し。アタックタイプの短期決戦では案外使い道があったりするかも・・・?

続いてバトルさせた感想ですが、

状況しだいではありますがかなり強いと思います。

やはり電動ドライバーのスタミナ面での貢献が大きく、普通に環境クラスの相手も出来てしまうくらいです。

段差の少ないツルっとした形状のおかげで送り合い性能も高く、かなりの粘りを見せてくれます。

かといって絶対勝てないような最強ドライバーというわけでもなく、

電動という、もはや起きて破り的なドライバーにしてはいいバランスに仕上がっていると思いました。

LEDも雰囲気が出てとても良いですね。緑スキーな僕としてはたまりません。

ジェネシス単体の感想としては、

アポカリプスと比べてスルスルと回転する分、受け流し性能は高いかなと思いました。

相手を大きく弾くこともあまりなく、わずかながらも形状の違いが出ているようです。

ただ、これに関してはハイブリッドドライバーの背の高さも関係してるとは思います。

ストッパーが2つある分、無限ロックのわりにバーストもしやすい印象です。

というか普通のベイと変わらないくらいよくバーストする気がします。

スムーズに回転するのも関係していそうですね。

あとこれは体感なんですが、ジェネシスのストッパーのほうが押し込まれたままの状態になりやすいと感じました。

画像のようにレイヤーを縦に持って、重力でストッパーが下に押し込まれるようにします。

この状態でドライバーを回転させると、指でストッパーを押していないにも関わらず普通にバーストします。

アポカリプスでも同じことを試しましたが、何度やってもバーストはしませんでした。

もちろん個体差の可能性もありますが、

バトル中のちょっとした衝撃でストッパーが押し込まれるのは十分ありえる話だなと。

こうして考えると、無限ロックレイヤーとしてみた場合はアポカリプスに一歩譲ると思いました。

スポンサードサーチ

さいごに

無限ロックや電動ドライバーと聞いて、

今までのパーツが全て過去のものとなってしまうんじゃないかとビクついていましたが、

その心配はなさそうですね。安心しました。

新要素を取り入れながらも決してやりすぎず、

互換性も含めて今までのゲーム性を崩すことなく楽しめる良いベイだと思います。

ぜひ多くの方に手にとっていただきたいです。

GTシリーズ中にGTではないレイヤーが出てきたので、

今後の展開も気になりますね。

それじゃあまたーノシ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする