【ベイブレードバースト】フレアドラゴン.Ar.Pl.閃 レビュー【GTレイヤーシステム】

シェアする

みなさんこんにちは。ニートのちあきです。

今回はランダムブースターVol.16のレア、フレアドラゴン.Ar.Pl.閃のレビューです。

前回のコスモヴァルキリーに続いてまたスタミナタイプのベイですね。

久しぶりのメタルボール搭載のベイでもあります。その数なんと過去最多の13個!

カチャカチャうるさそう。

それではレビューです。

スポンサードサーチ

ガチンコチップ:ドラゴン

伝説の幻獣ドラゴンモチーフ。標準的な4つのロックを持つ右回転のガチンコチップ。

もはやお馴染みドラゴンチップのカラバリ。

ドラゴンとヴァルキリーはどんだけ出すの?ってくらいカラバリが出てますね。

いまさら語ることもないので詳しくはドラゴンの記事へ。

色的にはランブー15のブシンドラゴンのやつに近いです。

個人的には今回のが好みかな。

ウエイト:閃

少しずつ6か所に重さを分散させたスタミナタイプのウエイト。

詳しくはウィザードファブニルの記事へ。

スポンサードサーチ

ベース:フレア

6つのメタルボールがベイの回転とともに外側に移動し大きな遠心力を生み出すスタミナタイプのベース。

今回の新規パーツその1。デカイ。

楕円形に近いベースで、メタルボールが合計6個内臓されています。

下側のパーツはクリアですが上側はクリアではありません。

横から。

スタミナタイプにしてはけっこう起伏のある形状です。

裏側。

ギミック

内臓されたメタルボールがカチャカチャします。

遠心力でボールが移動して重心を外に持っていくのでスタミナが強化され、

かつそれぞれの溝の長さが違うため、相手とぶつかったときに時間差で衝撃を与えるそうです。

重さ

ギミックと大きさのせいでツヴァイに迫る重量。

レイヤー:フレアドラゴン 閃

これら3つを組み合わせてフレアドラゴン 閃レイヤーの完成です。

赤い!そしてデカイ!!!

最大径は64mmほどありました。

とてもカッコイイんですが、ギミックのためにあまり大型化しすぎるのは正直好きじゃないですね。

その分ウエイトが小さく見えるのでアンバランスに感じます。

重さ

スポンサードサーチ

ディスク:アラウンド

4つのメタルボールが地面との摩擦を減らし、バトル後半も粘り続けるスタミナ系ディスク。

アルファベットはAr

新規パーツその2。

ディスクとして初めてメタルボールを搭載しました。

シルエットも丸く、環境ディスクになりそうな感じがします。

裏側。

ギミック

オーブイージスのようにメタルボールが埋め込まれていて、どのボールもフリー回転します。

これがスタジアムとの摩擦を減らすことでスルスルと回り続けることができます。

重さ

ドライバー:プラネット

外周のメタルボールが遠心力を強化、軸先のフリー回転するメタルボールが摩擦を軽減するスタミナ系。

アルファベットはPl

なにげに入手難易度が高かったプラネットドライバーがここで再録。

スタミナドライバーにしては珍しい赤色です。

爆転セットにも緑色が収録されたので一気に2色もカラバリが増えました。

ギミック

フレアベースと同様に回転することによってメタルボールが移動して遠心力を強化します。

重さ

スポンサードサーチ

フレアドラゴン.Ar.Pl 閃

これら全てを組み合わせてフレアドラゴン.Ar.Pl 閃の完成です。

やっぱり直径がデカイ分ウエイトが小さく見えます。

裏側。ボールも多いしビスも多い。

重さ

回した感想

まぁご覧の通りなんですが・・・

やっぱりこの子もGTレイヤーの例に漏れずよくバーストしますね。

体感的に5割くらいバーストする印象です。

GTレイヤーは毎回「バーストする」って言ってる気がします。

比較用にベノムドラゴンをおいておきます。

フレアベースの( )の部分がかなり盛り上がっているがわかりますか?

写真のようにベースにガッツリとロックを持っていかれてしまうためなかなか難しいですね。正直エグイ。

組み立ててみるとわかるんですがほとんどカチカチいいません。

ドレッドベースといい勝負かそれ以下くらい。

ただ最後のロックをはめるときだけパチンというようなひっかかりを感じます。

これだけ緩くされるとドラゴン向きとは言えないですね。

幻ウエイトを使えば解決ですが、そうしない場合やはり最適解はヴァルキリーでしょうか。

まぁそれでも並以下くらいの固さです。ダッシュドライバーを使ってもガチガチにはなりません。

性能面の話ですが、デフォルトの改造としては悪くはないと思います。

悪くは無いんですがあと一歩と言ったところ。

ロマン度で言えば満点ですね!

まずフレアベースですが、形状で言えば楕円形。

一見するとスタミナがありそうですが案外そうでもないかも。

思うにここの形状が攻撃的すぎるんですよね。

ほぼなのでここがひっかかってスタミナロス、ひいてはバーストを誘発してる気がします。

左回転時のレジェンドスプリガンのようなイメージといえば伝わるでしょうか。

また、直径が大きいベースなのでバランスを崩しやすいです。

それもスタミナロスの原因ですね。

しかしその大きさが幸いしてオーバーはめったにされません。

ついでにギミックのことなんですがこれって効果あるんですかね?

「メタルボールが外側に移動し大きな遠心力を生み出す」とありますが、

そもそも円形に配置されていてそれに沿って動くだけなのにどこが外側になるんでしょうか。

内側から外に向かって動くならまだ話はわかるんですが・・・

中心からの距離を測ってみると一応1~2mmは外方向にいくようですけど、

効果のほどはどうなんでしょう。

アラウンドディスクはなかなかいいんじゃないかと思います。

重心バランスもわりと整っているようですし使いやすいです。

メタルボールで摩擦を減らしてくれるかは謎・・・

というか倒れる向きにもよるので運も絡んでくるんでしょう。

下方向の起伏が激しいので、けっこうスタジアムにトコトコと当たります。

デフォであるプラネットとの相性はあんまりかな。

起伏がある分ぶ厚いディスクなので、ベアリングとかと相性が良さそうに思えます。

探せば他にも相性の良さそうなドライバーがあると思うので、

使い道がありそうなディスクです。

プラネットはスタミナタイプのドライバーだと謳っていますが、

僕の中ではディフェンスタイプ、なんならアタックタイプだとも思ってます。

ボール軸ゆえに全力シュートすると最初は暴れますし、

中心に戻ってくると今度は謎のブレを生むので面白いです。

持久力だけで言えば他に勝るドライバーがたくさんあるので、

スタミナタイプというコンセプトには合わないかなーと。

(メタルボールという点では死ぬほどマッチしてますが)

カウンター型として運用するといいドライバーだと思います。

総合すると個々のパーツ性能は面白いものがあるので、

フレアは大きさを活かしてアタック運用か、オーバーされにくいのでアトミックorオービットを履かせてみる。

アラウンドはスタミナ運用向き。個人的にはやはりベアリングにつけるのがベストかなと。

プラネットは上でも書いたようにカウンター運用がいいと思います。

さいごに

以上になります。

いかがでしたでしょうか。

惜しいところもありますが、

見た目の統一感とコンセプトだけで言えば満点ですねホント。

ずーっとカチャカチャしてしまいます。

意味があるないは置いといて、こういうの大好きです。

強さの面で言ってもある意味これくらいでちょうどいいかもしれません。

あんまりデフォで完成されすぎてても、いじる場所がないとつまんないですから。

それぞれのパーツに可能性は感じるので、

またなんか発見したら記事にしたいと思います。

それじゃあまたーノシ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする