【ベイブレードバースト】B-142 ブースター ジャッジメントジョーカー.00T.Tr 斬 レビュー【GTレイヤーシステム】

シェアする

みなさんこんにちは。ニートのちあきです。

今回はジャッジメントジョーカー.00T.Tr 斬のレビューです。

GTからの新キャラ瑠璃川ジョーが使用します。

ギャンブラー設定なのでベイにも運任せ要素がふんだんに盛り込んであるみたいです。

今までにない特徴でとても面白そう。

それではレビューです。

スポンサードサーチ

パッケージ

紫を基調としたパッケージ。

でもベイ本体はそこまで紫でもありません。

ギャンブル小学生の怪しげなポーズ。

付属品

スポンサードサーチ

ガチンコチップ:ジョーカー

勝負の神ジョーカーモチーフ。

標準的なロックと固いロックを併せ持つ右回転のガチンコチップ。

ネイビーで成型されたチップ。

上下で顔が異なり二面性がうかがえます。

ロック

写真ではわかりづらいかもしれませんが、

説明にもあるとおり標準的なロックと固いロックを併せ持つという構造になっています。

最初のロックはヴァルキリーチップ並みに固く、後半2つはドラゴンチップ程度といったところでしょうか。

なにげにGTベイ初の3ロックです。

重さ

ウエイト:斬

左右2箇所に重心が偏っているバランスのいいウエイト。

形状

もはやおなじみの謎パーツ、斬ウエイトです。

詳細はドラゴンのレビューへどうぞ。

重さ

スポンサードサーチ

ベース:ジャッジメント

超大型のラバー刃が相手に引っかかり、自分もろとも大きく吹き飛ぶことで勝負の行方がわからなくなるバランスタイプのベース。

両側に超大型のラバー刃がついており、さらに強烈に引っかかる形をしています。

これによって自分も相手もバーストさせるというまさに一撃決着なベースです。

ギミック

片側にのみディスクがはまる部分にラバーが付いています。

これがディスクに干渉することで自身のバーストを防ぎます。

ひっくり返すとこんな感じ。

事前情報では付いていないほうのラバーで相手を殴ると自分のロックが進み、付いているほうで殴ると相手のロックが進むということだったので、

てっきり外側のラバー刃と繋がっているものだと思っていました。

外から押されることによってラバーとディスクが干渉するからバーストしにくいよー。でもそれは運だよー的な。

でもこれだとどちらで殴っても一緒な気がするんですが…どうなんでしょう。

重さ

ウィザードベースとほぼ同じ。

ベースの中では重めです。

レイヤー:ジャッジメントジョーカー 斬

これら3つを組み合わせてジャッジメントジョーカー斬レイヤーの完成です。

深い青のボディにラバーのピンクが映えます。

重さ

スポンサードサーチ

ディスク:ダブルオー

フレームパーツの取り付けが可能なコアディスクで、最重量級の重さで全ての能力を底上げするバランス系ディスク。

超Zアキレス付属の00ディスクの再録。

コアディスクの中で最も重く大会御用達の環境ディスクですが、個体差がひどいことで有名です。

25g以上あればアタリだと思います。

重さ

ハズレ引きました。

フレーム:ターン

コアディスクに取り付け可能な攻撃力強化パーツ。

裏返すことにより刃の向きを変えることが可能!

最近のブースターにしては珍しくフレームが付属しています。

しかしランブー12のデッドハデスで初収録されて以来、毎回ランブーに収録されているターンフレーム。

もうさすがにいらないんですがこの色は最高です!

なんでまたターンをつけたんだと思いましたがたぶんあれですね。

表裏つけかえれるから二面性を表現したかったんだと思います。

重さ

ドライバー:トリック

シュート時や攻撃時のたびに周りの大きなガードが回転することで軸先の形状が変化し、

何度も動きが切り替わるバランスタイプのドライバー。

キノコのような形をしたドーム型のドライバー。

ドラゴンのチャージといい最近この形のドライバー多いですね。

ギミック

ガードパーツが回転することによって軸先の周りがせり出してきてシャープ軸⇔平軸と変化します。

(メタベイのディアブロネメシスが似たようなギミックだったそうです)

バトル中に勝手にモードチェンジすることによりわけのわからない挙動をして運ゲーを加速させるギャンブラーらしいドライバーです。

が、思ったほどスルスルとは回転しませんね。

固いとは言いませんがもっとスムーズに回るのかなと思ってました。

また、バネの反発でせり出してくるようなので、

押すと普通に引っ込んでしまいます。

重さ

10gに迫るほどの重量。

かなり重いです。

ジャッジメントジョーカー.00T.Tr 斬

これら全てを組み合わせてジャッジメントジョーカー.00T.Tr 斬の完成です。

金青桃緑紫とカラフル。

ずんぐりキノコ。

重さ

回した感想

まずバランスタイプっていうのはですね。

ゴリゴリの脳筋アタックタイプです。

全レイヤーを含めても最強の攻撃力だと思います。

ベイブレードバースト史上最も引っかかる形ってのは伊達じゃないみたいで、

面白いくらいにぽんぽんバーストがとれます。

ラバーの反発もすごいのでオーバー力もかなり高いです。

じゃあ自分はどうなんだって話ですが、こちらもかなりバーストします。

自分がバーストするか相手がバーストするか、まさに一撃決着の運任せベイ。

ただしデフォルトの改造では…ですね(詳しくは後述します)

トリックドライバーもなかなか面白いです。

走ったり軽く跳ねたりブレたりブレなかったりします。

挙動不審ドライバーです。

ただターンの向きによってはガードパーツが固定されて回転してくれなくなるので、

厚みのあるフレームとの相性は悪そうです。

あと丸い形状のおかげかそこそこの粘りを見せてくれます。

まさかベイブレードに運要素を入れてくるとは思っていなかったのでビックリしましたね。

ここまでバースト特化のベイもいなかったので使っていてとても楽しいです。

最近のベイのなかでは間違いなく一番楽しい。

さいごに

以上、ジャッジメントジョーカー.00T.Tr 斬のレビューになります。

いかがでしたでしょうか。

いつもならここで適当なこと書いて終わるんですが、

コイツはもうちょっと書きたいことがあります。

ベースのラバーロックについてですがこれあかんですね。

ディスクによってはガッツリ干渉してギッチギチになります。

レイヤーにハマって落ちてきません。

色々試してみた感じでは塗装0ディスクが1番ヤバかったです。

これのせいでベアリングだろうがなんだろうがほぼバーストしなくなります。

幻ウエイトなんて必要ないレベル。

バーストしない状態での攻撃力はそれはもう凄まじいの一言で、

覚醒機だろうが関係なしにバーストがとれるくらいです。

正直現環境ベイのどれもが相手にならないほどの強さで、

パフェニでギリ対抗できるか?ってくらいです。

生粋のギャンブラーかと思ったらとんだイカサマ野郎でした。

このままでは当時のガルーダのように環境を破壊しかねないので、

公式から何かしらの見解があると思います。

これが認められるなら間違いなく環境入りしますね。

それじゃあまたーノシ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする