【ベイブレードバースト】B-00 wbba.限定ブースター 超Zヴァルキリー.1´R.Rb´ レビュー【超Zレイヤーシステム】

シェアする

みなさんこんにちは。ニートのちあきです。

今回は先週に突然発売された

超Zヴァルキリー.1´R.Rb´のレビューです。

大人気You tuberであるはじめしゃちょーとのコラボベイだそうです。

東海オンエアのアーチャーヘラクレスに続いて2回目のYou tuberとのコラボ。

新しく始まったGTシリーズもYou tube配信ということで、

今後ますます色んなYou tuberとのコラボベイが出てくるのかも。

僕はあんまりYou tuberに詳しくないのでコラボしてもらっても「ふーん」って感じなんですが、

カラバリで色んなベイが出るのは良いことですよね。

とくに今回の超Zヴァルキリーはカラバリこそ出ているものの、

その全てが限定品だったので通常色以外を手に入れるのが非常に困難でした。

また超Z覚醒機は生産コストが地味に高そうなので、

ランブーやランレー入りは難しく、今後手に入りにくくなるだろうと勝手に思っていました。

それゆえにwbba.限定とはいえ今回の再録は非常に嬉しいです。

それではレビューです。

スポンサードサーチ

パッケージ

wbba.限定ブースターらしいあっさり目のデザイン。

右下にはじめしゃちょーが写っています。

付属品

スポンサードサーチ

レイヤー:超Zヴァルキリー

戦いの神ヴァルキリーモチーフ。

強力なシュートによりバーストしなくなる無敵モードを搭載し、

ノーダメージで相手を攻撃できるアタックタイプの超Zレイヤー。

形状

超Zもみひげおじさんこと超Zヴァルキリーです。

通常色とは打って変わって白と赤をメインカラーとしています。

爆転のドラグーンをイメージしてるそうです。

通常色との比較。印象がまるで変わりますね。

裏側。

表とは違いこちらはクリアで成型されています。

正直、表面もクリアが良かった。

地味に覚醒ウイングの色も違います。

ロック

アタックタイプらしいしっかりとしたロック。

山の数は4つ。

重さ

20.92g

通常色と大差なし。

ディスク:ワンダッシュ

フレームパーツの取り付けが可能なコアディスクで、

「1ディスク」の重量と攻撃性能をアップさせた偏重心のアタック系ディスク。

形状

バスターエクスカリバーなどに付属していたワンダッシュが色つきで登場。赤い塗装がカッコイイ。

僕はアタック改造する場合ほとんどワンダッシュなので、

色つきでの再録は嬉しいです。

しかし塗装ディスクは剥げるのが嫌で中々回せないジレンマ。

重さ

22.28g

スポンサードサーチ

フレーム:リーチ

コアディスクに取り付け可能な攻撃力強化パーツ。

左右で高さの異なる刃が、広い攻撃範囲をカバー!

形状

クラッシュラグナルク付属のリーチフレームが、レイヤーと同じく真っ白な成型色で登場。

最近ではランブー14のレジェンドスプリガンで金色のリーチフレームが再録されましたね。

左右で刃の高さが違うのが最大の特徴です。

また、右回転時と左回転時で刃の向きが異なります。

重さ

2.53g

フレームの中でもかなり軽めです。

ワンダッシュとあわせると24.80g

ドライバー:リブートダッシュ

後半は軸を自動で収納しフラット軸になり、

強化バネが内蔵されていることで攻撃力が更に上がったアタック系ドライバー。

形状

これまた真っ白なリブートドライバー。

ゴッドヴァルキリーに付属していたドライバーがダッシュになって帰って来ました。

リブートしたりしなかったり、リブートが早かったり遅かったりと、

個体差がものすごいことで有名なドライバーです。

今まで再録に恵まれなかったのもここに理由があるように思います。

こういうあまり見なかったようなドライバーがダッシュ化されて収録されるのが、

wbba.限定ブースターの楽しみのひとつですよね。

ギミック

遠心力によって灰色のパーツが外に開き、

ギザギザの軸の中から細軸が飛び出します。

回転力が落ちると開いていたパーツが戻り、細軸が引っ込んでギザギザの太いフラット軸になるためバトル後半に再加速する。というロマンあふれるドライバーですが、

これの個体差が凄まじいんですよね。

また個体差以前に昨今のレイヤー重量化に伴い、レイヤーの重みで軸が勝手に引っ込むということが多々起こります。

重さ

7.78g

ギミック内臓ドライバーのため少し重め。

スポンサードサーチ

超Zヴァルキリー.1´R.Rb´

これらのパーツを組み合わせて超Zヴァルキリー.1´R.Rb´の完成です。

第一印象は白い。とにかく白い。

シールを貼っていないので余計にそう感じます。

ここまで真っ白なベイって中々ないですよね。

コロコロ3月号の応募者全員サービスの超Zロイヤルキングスプリガンとの比較。

白・赤・金と使われている色は同じですがまた印象が違います。

ロイスプのほうはパールホワイトのような色味ですが、

もみヒゲおじさんのほうはもうただただ白って色合いです。

こうなると聖剣超Zアキレスも揃えたくなるけどあんなん絶対ムリ。

もちろん裏側も白い。

重さ

53.54g

回した感想

高速状態での攻撃力は言うまでもなく、

低速状態からでも相手を場外に弾く能力に長けるもみヒゲおじさんの優秀さは健在です。

そこにさらにリブートによる再加速が加わり、

よりワンチャンを物にしやすくなっていると思います。

ワンダッシュの偏重心もこの高い攻撃力に一役買っていますね。

リーチも右回転時には突き刺す形になるので、

スタミナロスの代わりに相手のロックを削りとり、攻撃力に貢献してくれています。

総じてわりと使いやすくまとまっているベイだと思いました。

通常の超Zヴァルキリーのときにも思ったんですが、

パッケージ裏の、攻撃力が振り切ってるちょっとアホっぽいこのパラメーターもあながち嘘ではないなと思いました。

また超Z覚醒についてなんですが、通常色より覚醒しやすい気がします。

アキレスほどとは言いませんが、体感的にスプリガンと同じくらいじゃないでしょうか。

僕の持ってる通常色はロックがついてる覚醒刃だけ開かないことがしょっちゅうあるので、

覚醒しやすくなったのは単純にありがたいです。

中々覚醒しないやつを己のシュートパワーで半ばムリヤリ覚醒させるのは、

使いこなしてる感があって結構好きでしたけどね。

リブートドライバーもハズレ個体ということはなく、ちゃんと機能してくれました。

たまに真ん中に居座ってしまったときに、その場にストンと落ちてリブートしてくれないのが面白くて好きです。

さいごに

以上、超Zヴァルキリー.1´R.Rb´のレビューになります。いかがでしたでしょうか。

前のコラボのアチャクレスのときは見た目がえぐすぎて敬遠していたんですが、

今回のは色のまとまりもあって良いですね。

パーツ単位で見てもとても優秀だと思います。

白すぎる見た目が災いして他のパーツと合わせにくいような気もしますが・・・

色合わせはもはや趣味の域なので気にしないようにします。

個人的にはやはり再録は絶望的だと思っていたもみヒゲおじさんが手に入ったことが嬉しいです。

成型色が白ということもあり、塗装したい欲が湧いてきますね。

上でも書きましたがもみヒゲおじさんは限定色ばかりなので、

塗装で限定色を再現したり、自分色のおじさんを作れちゃいますね!

自分色のおじさんって言葉やべーな。

それじゃあまたーノシ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする