今日のだいふくとまんじゅう60 また加湿器買いました。

シェアする

だいふく  27.2g/28.6g

まんじゅう 21.4g/22.4g

みなさんこんにちは。ニートのちあきです。

前々回にダイソーで加湿器を買った話をしました。

そのときやりたかった事に失敗したので、懲りずにまた文鳥用に加湿器を買ってきました。

今度はダイソーじゃないよ!

LUCKY CUPっていう加湿器です。Amazonで購入しました。

箱をあけると付属品がズラリ。色は4色ありましたが今回は黒をチョイス。

第一印象はチープだなって思いました。写真でみるよりプラスチッキーな感じです。

フタをあけるとよりプラスチッキーな感じが。

タンク内に水が250ml入るそうです。

ダイソーの加湿器と同じく、本体後ろにUSBの挿しこみ口があります。

上部に電源とはまた別にUSB挿しこみ口があり、ここに付属のファンやLEDライトを接続できます。

防塵用のフタ付き。餌の殻が入り込まなくなるのでありがたいです。

付属のLEDを使わなくても、本体自体にライトがついているので7色に光ります。

けど文鳥さんにはいらない機能です。

だいふくとまんじゅうのケージの間に設置しました。2人ともさっそく気になってるようです。まんじゅうのポーズwww

今回はサーモスタットには接続せずに直接コンセントに挿して電源を取っています。

このまま普通に加湿させると、水がなくなるまで加湿器は止まりません。

ケージの中はあっという間にモクモクになってしまうでしょう。

かといってサーモに接続して電源をヒーターと連動させても、再度加湿器の電源を入れるにはやっぱりボタンを押さないといけません。

前回の失敗とまったく同じになってしまいます。

しかし!この加湿器は一味違います!

通常の加湿モードに加えて、3秒ごとに運転と停止を繰り返す間欠加湿モードを搭載しているんです!

これならケージ内を加湿しすぎることなく、いい感じの湿度を保ってくれるんじゃないでしょうか。

ちなみに連続加湿モードで最大5時間、間欠加湿モードで最大10時間の運転が可能みたいです。十分すぎますね。

というわけで実験スタートです。間欠モードを使ってケージ内を潤していきます。

開始時の湿度は38%

開始数分で湿度がぐんぐん上がってきました。ちゃんと効果がでています。

もう少し湿度をあげて、50~60%くらいをキープしてほしいところ。

1時間くらいが経過したところで、ビニールカバーがモクモクし始めました。湿度は72%になっています。このあとも上がり続けて80%を超えました。

途中、カバーのファスナーを開けて湿気を逃がしたり、温度計の場所を変えたりと色々しましたが、60%くらいをキープするってことはありませんでした。

間欠モードでも湿度をキープすることは難しいみたいです。困りました。

空気の流れがないからか、湿気が真ん中にとどまってしまうのが原因のようです。

続いて付属のファンを取り付けた状態で試してみます。先ほどと同じく間欠モードです。

これなら湿気がとどまることもなくなり、いい感じに湿度をキープしてくれるはず!

これが大正解でした。ファンが湿気を攪拌してくれるおかけで、ちょうどいい湿度を保っています。

この後1日加湿器をつけていましたが、湿度はずーっと50~60%をキープしたまま。

成功です!やりました。

これでようやく湿度を安定させることができました。

温度管理に比べて、湿度管理って本当に難しいです。

とりあえず当面はこのまま加湿器を使っていこうと思います。

季節によってまた湿度が変わってくるかもしれませんが、濡れタオルとかを使うよりこっちのほうがよっぽど楽です。

これから更に暖かくなれば加湿器じたい要らなくなるので、そしたら次の冬までおやすみかな。

そういえば昼から夜にかけて10時間以上加湿器を使っていましたが、タンク内の水は1/3程度しか減っていませんでした。

説明よりも水を使わないのかもしれません。

給水の手間が省ける。ラッキー。

それじゃあまたーノシ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする