今日のだいふくとまんじゅう44 深爪

シェアする

だいふく  27.0g/忘れた

まんじゅう 21.9g/忘れた

みなさんこんにちは。ニートのちあきです。

今日はだいふくたちの爪を切る予定でした。

まんじゅうから先に切ったんですが、2本目の爪を切るときに失敗してしまい、かなりの出血をさせてしまいました。

なかなか血が止まらず、悪戦苦闘していました。たぶん5分くらいは出血が続いてたと思います。僕も慌てていたので、ひょっとしたらもっと短時間だったかもしれません。それぐらい焦りました。

それでもなんとか止血することはできました。まんじゅうも元気そうで、痛がってたり気にしてるようなそぶりはありません。でも今回の爪切りはここでやめておきました。

自分への戒めと教訓、同じように文鳥を飼われてる方の参考になればと思い、記事に残したいと思います。

というわけで今日のだいふくとまんじゅうです。

失敗してしまったのはこちらの爪です。右足の真ん中の爪ですね。

切る前の爪と比べるとかなり短くなってるのがわかると思います。

以前だいふくの爪を切りすぎて深爪させてしまったことがありましたが、まんじゅうの場合はそれ以上です。

いつもどおり線香を使って止血しようとしたけれどそれだけではなかなか止まらず、小麦粉も併用してなんとか止血しました。

だいふくのときは短く切りすぎてしまっただけだったんですが、今回はそうではなくて、どうやら他の爪を切るときに巻き込んでしまったようなんです。

完全に僕の不注意です。指ではなく爪だったのが不幸中の幸いでした。

文鳥たちの爪切りは普通に人間用の物を使って切っています。僕の不注意が原因とはいえ、このまま人間用の爪切りを使い続けるのは少し危険だなと感じました。

というのも、人間用のだとどうしても刃の幅が広いんです。文鳥の小さい爪を切るにはデカすぎて、今回のように他の爪を巻き込んで切ってしまう恐れがあります。

このまま使い続けてまた怪我をさせてしまってはいけないので、文鳥専用に爪切りを用意したいと思います。

amazonで調べているとこういうのを見つけました。小鳥専用の爪切りだそうです。

レビューも高く良さそうな商品ではありますが、爪切りとは違い手から刃先までの距離が遠くなるのが気になります。

あと単純に僕がハサミやニッパーで爪を切ることに慣れていないので、安定して切るのが難しいんじゃないかと思いました。

なので今回はより小さめの爪切りを購入しました。今使ってる爪切りは刃の幅が17mmほどですが、新しく購入したのはわずか10mmしかありません。

これでたぶん今までより事故は減らせると思います。明日届く予定なので、またご報告しようと思います。

以上、今日のだいふくとまんじゅうでした。

まんじゅうの爪切りでビビッてしまったので、だいふくの爪切りも明日に持ち越しになりました。

もしかしたら明日もやらないかもしれません。ちゃんと気持ちを落ちつけてからやろうと思います。

それじゃあまたーノシ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする