今日のだいふくとまんじゅう18 温度管理の末路/雛換羽始まりました

シェアする

だいふく  28.4g/29.6g

まんじゅう 21.7g/23.1g

みなさんこんにちは。ニートのちあきです。

前回の記事でヒーターを換えたことをお話したと思いますが、

その翌日にある事件が起こりました。

説明するより見てもらったほうが早いと思うのでどうぞ。

というわけで今日のだいふくとまんじゅうです。

はい、ご覧のとおりです。ビニールカバーが焼け焦げて穴が開きました。

どうやらヒーターがカバーに接触していたようです。あまりにもショックだったので写真を撮り忘れたんですが、焦げたカバーがベッタリと電球にひっついていました。

完全にやってしまいました。ちゃんとヒーターを台に固定していなかった僕のミスです。

ケースなしでヒーターを使うとこうなる可能性があるよってことをお伝えしたかったので公開しようと思います。家事にならなくてほんとによかったです。

逆に言えば、サーモで管理さえしておけばよほどのことがないと火事にはならなそうですね。もし触れていたのが布だとしたらこの限りではないかもしれませんが。

どちらにせよケースなしでヒーターを使うのは危ないってことです!!もし同じ様に使おうとされてる方がいたら充分お気をつけください。

僕は今回の件ですっかり懲りたので、おとなしくヒーターを買い換えることにしました。火事になるよりよっぽどいいです。前のヒーターは予備としてとっておきます。

あ、だいふくとまんじゅうはちゃんと無事なのでご安心ください。

あと見にくいですが、ビニールカバーはこんな感じで焦げたところを切り取って、余っていたビニールを貼り付けて応急処置をしておきました。

さすがにこのままだとかっこ悪いので、後ろだけサクッと作り直します。

はい、さっそく注文したヒーターが届きました。マルカンの100wのやつです。

なぜアサヒのではないのかというと、こっちのほうが安かったからですね、はい。

普通のヒヨコ電球ではなく、セラミック製の電球が同封されているみたいです。光を出さないので小鳥の睡眠を妨げないとのこと。まぁヒヨコ電球程度の明かりなら普通に寝てくれるんですが。

これをこのまま使ってもよかったんですが、そうするとアサヒのヒヨコ電球が余ってしまいます。

せっかく買ったのに使わないではもったいないので、今回は電球だけはアサヒのをそのまま使おうと思います。セラミックのほうは電球が切れたときの予備としてしまっておくことにします。

アサヒの電球、入ることには入ったんですが、頭が少しはみ出してしまいました。

まぁケージにぶら下げて使う分にはこれでも問題ないので、このままいきましょう。

設置してみるとこんな感じです。ちゃんと動いていますね。

ケースがあるのでだいふくたちやビニールカバーに直接当たることもなく安心ですね。ケチらずにはじめからこうすればよかった。

以上、今日のだいふくとまんじゅうでした。

自業自得なんですが大変な目にあいました。だいふくたちには何もなくて本当によかったです。ビニールカバーはキレイに直しておきました。

まんじゅうは少しずつ頭が禿げてきました。よく見るともう新しい羽が生えてきています。

床に羽が落ちていますし、これは完全に換羽ですね。ネクトンもsからBIOに変えておきました。

味が変わるかもと心配してたんですが、いつも通りゴクゴク飲んでくれたのでいらん心配だったみたいです。換羽にむけてしっかり栄養をとってほしい。

ひょっこりだいふく。かわいい。

だいふくは雛の頃からずっと真っ白(背中以外)ですが、他の色の文鳥って大人になったら色が変わるんですよね、そういえば。

今の色のまんじゅうもこれで見納めになりますね。大人になったらどんな感じになるんだろう。

それじゃあまたーノシ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする