今日のだいふくとまんじゅう11 カバー完成/お引越し

シェアする

だいふく   28.0g/29.1g

まんじゅう 22.1g/23.0g

みなさんこんにちは。ニートのちあきです。

2日ぶりの更新です。ずっとビニールカバーとおやすみカバーを製作していました。

試行錯誤しながらやっていたので思ったより時間がかかってしまいました。誰だ一昨日完成予定とか言ったやつ。

おやすみカバーは先ほど完成、ビニールカバーはまだ製作途中ですが、形にはなったので紹介したいと思います。

というわけで今日のだいふくとまんじゅうです。

こんな感じになりました。けっこういい感じでは?

どちらのカバーも、ケージの間にヒーターを挟んだ状態ですっぽりと入る寸法で製作しました。ケージ間は8cmくらい空いています。

あ、ケージの中のレイアウトの都合で、だいふくには左に移動してもらいました。これからは右がまんじゅうで左がだいふくです。

おやすみカバーはこないだ書いたとおりメルカリで買った遮光カーテンで。ビニールカバーは近くのホームセンターで売ってるテーブルクロスの切り売りを貼りあわせて作りました。

いままで使っていたのおやすみカバーは前を磁石で留めていましたが、今回のカバーはファスナーにしてみました。磁石を入れるより簡単。

裏側から見るとファスナー部分からじゃっかん光が漏れていますが、まぁこれくらいなら許容範囲でしょう。たぶん2人ともちゃんと寝てくれるはず・・・はず。

ビニールカバーにもファスナーを取り付ける予定ですが、まだできてません。さすがにちょっと疲れました。

なくても形にはなってるし、保温は問題なくできるはずなのでこのまま使います。残りは時間があるときにチマチマ作っていきましょう。

前のビニールカバーと同様、トビラの横につけていこうと思います。

でもそうするとだいふく側4箇所とまんじゅう側4箇所で、計8箇所もファスナーを縫い付けないといけないんですよね。

一応ファスナーは8箇所ぶん買ってあるが・・・ほんとにそんなに必要なんだろうか?まぁつけるつもりですけど。

ちなみに2つ並べたときの寸法はこれくらいです。

両方とも三枚の生地を切り貼りして作りましたが、元の生地の大きさの関係上作り方が変わっています。

おやすみカバーは布なので端の処理をする為、そのぶんビニールカバーよりすこし多く生地が必要でした。

ビニールカバーの端は切りっぱなしです。手間が少なくて楽チン。

ビニールカバーの接着は衣類用のアイロンを使用しました。

ホットシーラーっていう専用の道具があるみたいなんですが、

↓これ。はんだごてにローラーがついてるようなやつ。

「ホットシーラー」の画像検索結果

微妙に高いんですよね。1700円くらい。こんなの何回も使わないのに買うのはもったいない。

ということでアイロンで代用することにしました。熱でくっつけるわけなんだからアイロンでもいけるいける!!(たぶん)

接着させるぶんを実寸より30mmほど余分に切っておいて、はみ出さないようにステンレスの定規をガイドにして接着させました。

接着させたところはこんな感じ。なんかぼっこぼこで気持ち悪いですが、ちゃんと接着出来ています。やっぱりアイロンでも大丈夫でしたね!

あとは3mmほど残して、余分なところをカットしたらOkです。

おやすみカバーはとくに難しい工程はなし。ひたすらミシンで縫い合わせまくりました。

布の端の処理は100均のすそ上げテープを使いました。アイロンでくっつくので便利です。

ケージにお引越ししたまんじゅうちゃん。これからはだいふくと同じようにケージで寝てもらいます。

カバーをかけたところです。今日はそこで寝るのかな?だいふくのようにブランコでは寝てくれないみたいです。

今日からまんじゅうちゃんが隣で寝るからよろしくねだいふく。あと新しいカバーでちゃんと寝れるか教えてね。

以上、今日のだいふくとまんじゅうでした。

やっとケージでの生活がしてもらえます。あー疲れた。

今までまんじゅうは21時。だいふくは22時半と別々に寝かせていましたが、これからは2人とも22時に寝てもらおうと思います。

できればまんじゅうは早めに寝かせたい気持ちはあるんですが、別々に寝かそうと思うとまたまんじゅうを虫かごに戻さないといけないので却下。

だいふくは発情を抑えるためになるべく遅く寝かせたいです。なので間をとって22時にしました。21時半でもいいかもしれない。また考えておきます。

明日から本格的なケージ生活が始まります。はやく慣れてくれると嬉しいなぁ。

それじゃあまたーノシ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする