今日のだいふくとまんじゅう3 足のつき方

シェアする

だいふく  28.1g/29.2g

まんじゅう 21.4g/22.7g

みなさんこんにちは。ニートのちあきです。

まんじゅうちゃんがきてから4日目。やっぱり大人しいですが、虫かごの中を元気に動き回ることが増えました。

僕の姿が見えると小さい声でピッピッと鳴いて、僕を呼んでいるようです。ずいぶんと慣れてくれました。

あと気づいたんですが、まんじゅうちゃんが平らな場所に立つときの足のつき方がなんか変な気がする。

普通、指をちゃんと開いて立つじゃないですか。まんじゅうちゃんは開ききってないというか、曲がってることがあるんです。

きちんと発達できてないんでしょうか。ちょっと心配ですね。

というわけで今日のだいふくとまんじゅうです。

だいふくが平らな場所に立つとこんな感じ。ちゃんと指を広げて立っています。

まんじゅうちゃんが平らな場所に立つとこんな感じです。だいふくと違って指が曲がってるのがわかると思います。

虫かごの中ではキチンと立っています。

これはただ単に、下がツルツルで踏ん張りがきかないってことなんでしょうかね?実際だいふくもよくツルツル滑ってますし。

でも僕の手の上とかズボンの上でもツルツル滑ってるので、たぶんまだ握る力が弱いんでしょう。さすがに生まれつき足腰が弱いってことではないと思いたい。

なのでこういうのを作ってみました!まんじゅうちゃん用の背の低い止まり木です。

これなら狭いかごの中でもさほど邪魔にならないしいいんじゃないでしょうか。安定性もあるし、背が低いので落ちてもケガをしない安心安全の親切設計です。

中に入れたら早速乗ってくれました。やっぱり鳥ですね。木の上が落ち着くようです。

もしかしたら握力が弱すぎて乗れないんじゃないかとも思いましたが、そんなこともなかったです。しっかり握ってくれてますね。

これで握力も鍛わって、だいふくのようにキチンと立てるようになるんじゃないでしょうか。

虫かごからケージにお引越しして本格的に止まり木生活になるまでは、この止まり木にがんばってもらいましょう。役目が終わったらおもちゃにすればいいし。

あ、ちなみにケージはもう頼んであります。到着待ち。

正面から見るとまだ幼い顔つきに見えますが、横顔は少し大人びて見えますね。ただ口元のヒナパッキンが幼さを物語っていますw

一口二口なら自分で餌も食べてくれますし、だいふくと同じならきっとすぐに挿し餌がいらなくなるでしょう。

そしたらこのヒナパッキンともお別れですね。今のうちに写真撮りまくっとこ。

おやすみ前のまんじゅうちゃん。かわいいwwwうぇっwwww

だいふくもこんな頃がありました。あーかわいい。あー幸せ。

こうして比べてみると全然違いますね。同一人物(?)とは思えないほど、立派に成長してくれました。

まんじゅうをお迎えしてからほんとによく思うんですが、だいふくってめちゃくちゃ元気な子だったんですね。

たえず動いてたくさん鳴いて。よく食べてよく寝る子でした。それがみんな当たり前だと思ってたんですが、とんだ間違いでしたね。

そもそもみんな立派に成長してくれる保障だってないんですよね。こんなに立派に、しかもこんなに美人さんに成長してくれて嬉しい限りです。

以上、今日のだいふくとまんじゅうでした。

そういえばまんじゅうちゃん。よく寝るせいかスサーの回数も多いんです。見るたびにスサーしてる気がする。

だいふくが幼いときもこんな感じだったっけ?寝起きなら今もしてるけど・・・よく覚えてないや。

だいふくはたまにしかやらない、羽を後ろにグググってするやつ。

それじゃあまたーノシ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする