今日のだいふくとまんじゅう2 お店にいた時

シェアする

だいふく  28.2g/29.3g

まんじゅう 21.4g/22.8g

みなさんこんにちは。ニートのちあきです。

まんじゅうちゃんがうちに来て3日目。相変わらずすっごい大人しいです。

だいふくちゃんは今日もやんちゃです。

昨日病院の先生が言ってましたが、病気の症状は出ていないので大人しいのは病気のせいではない。

怖がってるにしてもさすがにそろそろ慣れた頃だろうし・・・なんか変だぞ?

そういえばお店にいた時も鳴いてるところを見てない気がする。

もしかしてこういう子なのか?

気になったので、まんじゅうちゃんがいたお店に電話で聞いてみました。

というわけで今日のだいふくとまんじゅうです。

僕:「まんじゅうちゃんってずっとこんな感じ↑でした?」

店員:「そうですよ。」

やっぱりかいwwwwww

11月の2日からお店にいたようだけど、その頃からずっとこんな感じだったらしい。

病気や怖がってたからじゃなくて、元からこういう性格だったようです。ようやくはっきりしましたね。

いやー文鳥も個体によって性格が違うって聞いてましたが、本当に違うんですね。だいふくとは大違いです。

挿し餌のときにねだり鳴きをしないのも元からのようで、鳴いても他の子たちにかき消されるくらいだったそうです。

この子、野生界だったら100%生き残れてなかったでしょうね。シナモン文鳥は体が弱い子が多いみたいですが、性格も大人しい子が多いんでしょうか。

朝日を浴びるまんじゅうちゃん。かごの外に出しても、やっぱり怖がってる様子はないです。恐怖心が少ないのは赤ちゃんの特権ですね。

ふりむきまんじゅう。

最初はだいふくとの違いに驚きましたけど、今はむしろそれでいいんじゃないかなと思ってます。

まんじゅうちゃんがうちに来てから気づきましたけど、だいふくってザ・文鳥みたいな性格してるじゃないですかw

気が強くて、きまぐれで、やんちゃで、人間が大好きで、でもどこかビビリで。

逆にまんじゅうちゃんは大人しくて、自分の主張が少ないような。ほんとにまだ幼い子なんだなと感じます。

正反対の2人ですが、同じような性格してるよりも、正反対のほうがおもしろいじゃないですか。

たぶん、だいふくを育てて得た知識が通じないようなことがこれからあるんでしょうね。

同時に新しい発見があったりして。もちろん不安はありますが、それがとても楽しみです。

そういえばこの子、羽が切られてる子でした。

ここはお店の方針によって違うと思いますが、難しいところですね。切らない派の僕としては残念でした。

せっかく羽が生えてるんだから、自由に飛ばせてあげたいんです。だいふくがこれくらいの頃は、もう自分で飛びまわってましたから。

かごの上に乗ろうとしてますが、中々踏ん切りがつかない様子。やっぱり飛びづらいんでしょうね。

飛びづらいなりにも、頑張って僕の上によじ登ってくれる姿を見ると、なんとも言えない嬉しさがあります。

生後一月半ということなので、だいふくとおなじであれば、あと1ヵ月半くらいで雛換羽が始まると思います。

新しい羽が生えたら、きっと自由に飛び回ってくれることでしょう。本人の自信にもつながって、性格が一変するかも。

今日は昨日よりご飯を食べてくれた気がするし、温度計を倒すくらいの元気もあります。成長が楽しみですね。

だいふくはというと、まんじゅうちゃんの下に敷く用の紙で遊んでいました。

奪ってケージまで持ち帰るだいふくの図。それあかんやつww発情的にアウトなやつwww

以上、今日のだいふくとまんじゅうでした。

そういやまんじゅうちゃんの目って真っ赤なんですよ。最初アルビノかと思いました。

不思議に思って調べたら、シナモンの雛はみんな赤目らしいです。

シナモン文鳥がメラニンが少ないアルビノ系っていうのは知ってましたが、これは知りませんでした。(よく考えたらわかりそうだけど・・・)体が弱いって言われるのも、要はきっとこういうことですよね。

大人になると徐々に黒くなることもあるそうです。まんじゅうちゃんはどうなるかな?

だいふくはアルビノじゃないただの白文鳥なので真っ黒です。

それじゃあまたーノシ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする